脳の同期現象

脳の同期現象も興味深いです。
1960年代、心理学者のチャールズ・タートによる実験です。
ある部屋で参加者に電気ショックを与える実験を行ったところ、別室にいた他の参加者たちも、実際に電気ショックを受けたのではないにもかかわらず、非局在的なレベルで痛みを感じることを発見しました。参加者が痛みを感じたかどうかは無意識的な肉体の反応を記録することで明らかになったのであり、意識的なレベルでは、彼らは他人の状態を知覚していたわけではありませんでした。
1970年代、物理学者のラッセル・ターグとハロルド・パソフも同様の実験を行っています。
ある部屋で被験者の目に光りを点滅させ、別の隔離された部屋で別の被験者の脳波を脳波図によって記録する、という実験を行ったところ同じような結果が得られています。
この種の実験は他にもなされており、今はfMRIを導入してより科学的に行われています。
また、1965年に一卵性双生児で脳の同期現象が確認されて以降、「夫婦」「カップル」「友人間」などでも起こることが報告されています。親しさが深いほど同期しやすいようで、たとえばエジンバラ大学の心理学者マリオス・キテニスらによれば、感情的なつながりのあるペアと無作為に割り当てられたペアとで違いが現れたといいます。
「自然発生的な脳機能のコヒーレンスは、遺伝的には関係のない人間どうしのあいだでも起こることがある。実験室内で行われた事件で、個人的な結びつきや、感情的な結びつきなどがあるだけで、2人の被験者のあいだで刺激を転送するに十分である場合が多いということが明らかになっている」(アーヴィン・ラズロ/ニューヨーク州立大学教授)

科学と仏教の会オンリーライフメルマガ登録