三浦春馬・竹内結子は本当に自殺なのか

こんにちは、オンリーライフです。

今年も残すところ2か月を切りましたが、いかがお過ごしでしょうか。

世間では韓国ソウルの梨泰院(イテウォン)での事故が衝撃を与えてますね。

ハロウィーンのイベントが、まさかこんな結果になるとは直前まで夢にも思わなかったでしょう。事故の少し前に、楽しそうに仮装して歩く人々の姿が印象的でした。

また、この事故の直後に、今度はインドで次のようなニュースもありました。

「笑い声が一瞬にして悲鳴へ インドの祭りで起きた悲劇──吊り橋が崩落して141人が死亡」https://courrier.jp/news/archives/305515/

こういった事故を見るたびに、経にある「人間は笑いながら地獄に堕ちる」という一文を思い出します。

彼らだけではありません。人間は皆、同じような死に方をします。すべての人間は笑いながら地獄に堕ちるのです。第3巻で詳しく説明した通りです。死の解決を急がねばなりません。

さて、今回は超能力の世界について少し書きます。

主に第1巻で取り上げましたが、この分野は仏教とも深い関係があります。

・福来について

第1巻では福来友吉の生涯を詳しく取り上げました。

本を作りはじめた当初は、福来の生涯を巻末に付録として掲載しようかと思っていましたが、彼の生涯からは学べる点が多いと思い直し、途中で本文に入れました。

福来は、心理学→超心理学→仏教という流れを辿った学者ですが、彼は単なる学問としてではなく、実際に自分でも超能力や悟りを求めたという点でも特異な存在でしょう。

残念ながら彼は聖道門でしたが、それでも特筆すべき人です。

聖道門についてはこちらを参照ください。

仏教には大きく2種類ある。聖道門と浄土門とは

・超能力一家

実は私の弟が超能力者で、その能力の一部を私も目の当たりにしています。

知識としては知っていましたが、実際に目の当たりにすると驚きです。

本当に超能力は実在するのだなと、より確信させてくれます。

彼は、この能力を活かした仕事をして生計を立てているようです。

話は変わりますが、以前、三浦春馬や竹内結子など、有名な俳優が連続で自殺したことは記憶に新しいと思います。弟によれば、この一連の自殺は、自殺ではなく他殺なのだとか。方法は念力の応用で、彼らに恨みを持った人による犯行だとか。

確かに、報道を見る限り、同じドラマの共演者が、遺書も残さず、同じような死に方をしており、最初に聞いた時、私も少し違和感はありました。

真偽は私にはわかりかねますが、さもありなんと思える話ではあります。

そんな弟ですが、私もたまに予知夢を見ますし、母も臨死体験をしましたので、いつの間にか超能力一家になってたようです。

科学と仏教の会オンリーライフメルマガ登録