知床観光船沈没事故に思う

こんにちは、オンリーライフです。

知床半島沖で起こった事故が世間に衝撃を与えていますね。

この事故で思うことも色々とありますが、今回はこの話をします。

毎日新聞が、こんな記事を報じていました。


「知床岬へ」母子はカズワンに乗り換えた 証言でたどる観光船事故https://mainichi.jp/articles/20220522/k00/00m/040/167000c


要約すると、当初カズスリーに乗る予定だった母子が、急きょカズワンに乗ることにしたのだといいます。

天と地ほどの運命の分かれ道です。

しかし、なぜ母子はカズワンを選んだのでしょうか?

この事例に限ったことではないですが、世間では理由なき偶然と見るのに対して、仏教では必然と見るのですね。

そのことを、第1巻で詳しく説明しました。

仏教の根幹法則である因果の法則です。

つまり、母子が過去に造った悪業が、事故に遭うように母子を向かわせたと見るわけです。

想像を絶する悪い結果を受けたわけですが、何より恐ろしいのが、すべての人間が近い将来、この母子と同じ目に必ずあうということです。

そして、死ねば死後は必ず地獄です。

人間は、いつどんな悲惨な目にあってもおかしくありません。

それほどの重い罪悪を造っているのです。

ですので、一刻も早く死の解決をし、死後の地獄を回避しなければなりません。

科学と仏教の会オンリーライフメルマガ登録