CATEGORY

学ぶ

芥川龍之介の自殺の根本原因は無明

「鼻」が夏目漱石に絶賛され文壇に躍り出た芥川龍之介。しかし、次のように彼は次第に苦しみを吐露していきます。「何故生きてゆくのは苦しいか、何故、苦しくとも、生きて行かなければならないか」「どうせ生きているからには、苦しいのは当たり前だと思え」(仙人) 「見給え、世界の名選手さえ大抵は得意の微笑のかげに渋面を隠しているではないか?」「自殺しないものはしないのではない。自殺することができないのである」「 […]

兵士は死が怖くないのか

「死が怖くない」などと高を括っていた人が、いざ死に直面するとまったく逆の反応を示すことを、こちらで詳しく説明しました。 死より怖いものはない。死は怖くないと思わせる心がある。死の恐怖は人間の優れた能力。 同じことは戦争で戦う兵士にもいえます。「戦時中の兵士たちは、国のために喜んで死んでいった」という話は多いですが、果たしてどうでしょうか。巣鴨拘置所の教誨師だった花山信勝は、次のような話をしています […]

老人は死が怖くないのか

「死が怖くない」などと高を括っていた人が、いざ死に直面するとまったく逆の反応を示すことを、こちらで詳しく説明しました。 死より怖いものはない。死は怖くないと思わせる心がある。死の恐怖は人間の優れた能力。 同じことは老人にもいえます。「死は怖くない」と自信たっぷりに言う老人は多くいます。国の統計によれば、年を取るほど「死は怖くない」と思う人が増えるようです。人生経験が豊富で、統計上は若者よりも死ぬ確 […]

成功者は死が怖くないのか

「死が怖くない」などと高を括っていた人が、いざ死に直面するとまったく逆の反応を示すことを、こちらで詳しく説明しました。 死より怖いものはない。死は怖くないと思わせる心がある。死の恐怖は人間の優れた能力。 同じことは世間的な成功者にもいえます。世間的な成功者の中には、「やりたいことは全部やったから、いつ死んでもいい」などと言う人がよくいますが、果たしてどうでしょうか。ビートたけしは、よく「いついつま […]

僧侶は死が怖くないのか

「死が怖くない」などと高を括っていた人が、いざ死に直面するとまったく逆の反応を示すことを、こちらで詳しく説明しました。 死より怖いものはない。死は怖くないと思わせる心がある。死の恐怖は人間の優れた能力。 同じことは僧侶にもいえます。悟りを開き、死をも乗り越えた境地にいると自他共に認める仏教徒は少なくないですが、果たしてどうでしょうか。時の福岡藩主、黒田斉清は菊をこよなく愛していたことで知られていま […]

医者は死が怖くないのか

「死が怖くない」などと高を括っていた人が、いざ死に直面するとまったく逆の反応を示すことを、こちらで詳しく説明しました。 死より怖いものはない。死は怖くないと思わせる心がある。死の恐怖は人間の優れた能力。 同じことは医者にもいえます。 医者は仕事柄、多くの死に直面しているため、一見すると死に対する免疫がありそうに思えますが、果たしてどうでしょうか。心療内科医の星野仁彦(福島学院大学教授)は、自分がガ […]

死刑囚は死が怖くないのか

「死が怖くない」などと高を括っていた人が、いざ死に直面するとまったく逆の反応を示すことを、こちらで詳しく説明しました。 死より怖いものはない。死は怖くないと思わせる心がある。死の恐怖は人間の優れた能力。 同じことは死刑囚にもいえます。 残忍な死刑囚は、一見すると死など恐れていないように見えますが、果たしてどうでしょうか。画家や教師と偽り、2か月足らずの間に女子高生を含む8人の女性を暴行して殺して埋 […]

自殺しても楽になれないワケ

誰でも1度は死にたいと思っている こちらの記事で詳しく説明した通り、人生は苦しみで溢れています。 【人生は苦なり】誰でも1度は死にたいと思ったことがある。なぜ人生は苦しみで溢れているのか?四苦八苦の本当の意味とは? どんな人でも「死んだほうが楽だろう」と1度は思ったことがあるものです。たとえば、お笑いタレントの松本人志は、あるテレビ番組で、「自殺を考えたことなんてないでしょ?」と質問されて、「いや […]

やっぱり死は怖かった。臨死体験研究のパイオニア的存在、エリザベス・キューブラー=ロスの嘘

「死は怖くない」と主張する人はたくさんいます。しかし、平生元気がいい時に想像する死と実際の死との間には深い深いギャップがあります。そのことをこちらで詳しく説明しました。 死より怖いものはない。死は怖くないと思わせる心がある。死の恐怖は人間の優れた能力。 ここではキューブラー=ロスの事例を紹介しましょう。 精神科医のエリザベス・キューブラー=ロスは、ターミナルケア(終末医療)の先駆者であり、「死の専 […]

【悲劇】白骨の御文が作られるまでのエピソード

蓮如在世の延徳元年、山科御坊の近くに青木民部という浪人がいました。民部には、清女という17歳になる一人娘がおり、清女は身分の高い武家に見初められ、8月11日に式を挙げることになりました。貧乏浪人の娘が大身の武家に嫁ぐという話しは滅多にあることではありません。願ってもない良縁に喜んだ民部は、先祖伝来の大切な武具まで売り払って嫁入り支度を調えました。しかし、幸せな彼らを不幸が襲います。式の当日、主役の […]